手染めののぼり製作工程について

のぼりの製作過程はのぼりの記事と大きく関わっており様々な製作方法があります。

古来より受け継がれてきた伝統工芸として位置付けされる手染めののぼりでは熟練の手染め職人が匠の技で一つ一つ丁寧に染工程を進めています。

自布に下書きを行いデザインを布に書き起していきます。

由緒ある古いのぼりもこの下書きの時点で手染めによって新しいのぼりを作り直す事も可能です。

丁寧に下書きを行った自布は糊付け工程へと進め染めない部分に糊付けを行います。

この際には書道書きのかすれ文字等も丹念に細かく糊付けして行きこの作業の丁寧さによってまるで直接手書きされた様に再現する事が出来ます。

乾かした糊が乾いた後、更に職人は次の工程である染に入り丁寧に色ムラにならないように染めていきます。

染めた部分が完全に乾いた後、布に付いた糊を丁寧に洗い流し最終工程である仕立てに入り乳(ち)と呼ばれるのぼりを固定する輪っか状の物を縫い付け布端を丁寧にミシン掛けした後、アイロンを当てて全ての工程が終了します。

Comments are closed.

Proudly powered by WordPress
Theme: Esquire by Matthew Buchanan.