のぼりシルク印刷について

のぼりの手染めと昇華転写プリントについてお話を進めてきましたがまだまだあるのぼりの印刷方法。

今回はシルク印刷について説明していきたいと思います。

シルク印刷とはシルクスクリーンとも以前は呼ばれ、文字通りシルク(絹)を用いて印刷していましたが近年ではこのシルクが使用されなくなりのぼりの現在の主流の布地であるナイロンやテトロンと言った布地に変換した為シルク印刷という名前からスクリーン印刷と呼ばれる様になってきています。

印刷方法は非印刷部分を薬剤にて覆い、ゴム製の印刷用の特殊なヘラを用いて色付けしていきます。

このシルク印刷では型を用いる為、殆どの業者で型代が別途かかるようになっており大量生産などの場合にはこの型を一度制作すると全く同じものを何枚も多量に仕上げる事が可能であり大口注文する事でのぼり一枚の制作代金も安くなる事からどちらかと言うと大口の製作に向いています。

シルクスクリーン印刷でオリジナルのぼり旗 | オリジナルのぼり・旗の激安印刷 【のぼり印刷ドットコム】http://www.noboriprint-u.com/c_page/2599/0001.html

Proudly powered by WordPress
Theme: Esquire by Matthew Buchanan.